FC2ブログ

少女交錯日誌=AAGblog

あまりまとまっていないけど、日々の想いを

通院日は雨のち晴れ

今日は二週間に一度の通院日。

北風と雨に阻まれながらもなんとか開院15分後に病院へと着くと、何故か今日は人がとても多くて待ち待ち待ちとなる。


待合室。

いつもの場所・・・廊下側の長椅子の端に座ってると、ヌクヌクしてきて三度ほど寝てしまい椅子から倒れ落ちそうになる。恥ずかしい。
そうやって寝そうになりながら私の番になるまでじっと待ってると、同じ長椅子に座ってたおばちゃんとおじちゃんが「遅いね遅いわ」と、話し始めた。

確かに遅い。
病院に着いてから既に1時間半が経過してる。
大抵の患者さんの診察は数分で終わるのに、だ。
私はうたた寝していたので分からなかったが、何でも隣のおばちゃんの言によれば、今、診察を受けてるのは若い女性で、どうやら既に30分以上も経ってるのだという。

「若いからきっと色々話してるのよ」

おばちゃんの言葉には非難めいた色が混じる。
それに同調したおじちゃんが、診察室の前まで行って「まだなのかい?あとどれくらいかかりそうなわけ?」と看護師さんに詰問する。


居心地が悪い。


さらに10分ほどして診察室から出てきた人は、確かに若い女性だった。
おばちゃんが女性に聞こえるような声で「随分と長かったわ」というようなことを言う。
おじちゃんがそれに応じて大きな笑い声をあげる。


ますます居心地が悪くなる。


おそらくカウンセリングでもしてもらっていたのだろうなと思いながら、廊下を過ぎ去ってゆく女性を見やる。
そして同時に隣のおばちゃんたちのことを思う。
今日は診察室で長話は出来そうにないな、と思い、私はため息が漏れてしまった。


それから数分後だったろうか。私の名前が呼ばれた。
おばちゃんたちとは目を合わさずに、そそくさと診察室に向かう。
「待たせてしまって申し訳ない」というようなことを言った先生であったが、私はそれほど気にしてなかったので、逆に申し訳ない気持ちになった。

そして診察。
この二週間の具合を大まかに話すなどの問診を経て、予定通り薬を切り替えることに。
口内がとても渇いて、呂律が回らなくなることが多々あるのだが、今の私はこの薬に頼るしかない。
先生は「何か具合が悪くなったら、いつでもいいですので、すぐに来て下さい」と最後に仰ってくれた。

わずか数分間ではなかったろうか。
手短な診察を終え廊下の長椅子へと戻ろうとすると、おばちゃんたちは私のその短い診察時間に満足したのであろう、「次は誰かな」と話し始めていた。
その様子を視界の端で捉えながら、長椅子の端に・・・元の場所に戻り、おばちゃんたちとは反対の方向に視線を向けると、受付の窓口でさっきの女性が会計をすませようとしてるところだった。

この手の病は二週間に一度の通院が基本だ。
彼女は二週間後も来るだろうか?
それとも自分には合わない・・・居心地の悪い病院として、二度とこの病院を訪れることはないことになってしまうのだろうか?

私はこの病院と先生が自分に合ってる・・・つまり好きであったため、彼女にもそうなって欲しいと思った。なんとなし、に。

自分も会計をすませ、受付の窓口をあとにする。
多少億劫に感じていた通院日に一つ楽しみが出来た。

病院の戸を押し開ける。
正午過ぎ。
雨はもう上がっていた。
青空の下で、私は濡れた傘をたたみ、雨上がりの心地よい風を受けながら、病院をあとにした。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/03/31(月) 19:34:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

準児童ポルノって(´・ω・`)

準児童ポルノってゲーム脳と同じくらいトンデモ概念だなぁ(´・ω・`)

それに日本「ユニセフ」協会って名前から、多くの一般の方はあの「ユニセフ」が推進してるのかって勘違いしそうで怖い。
中身はアレな某宗教団体と関係が噂される怪しげな団体だもんなぁ・・・

こんな日本の文化を殺すみたいな概念の導入は絶対阻止しないと・・・頑張ろう(`・ω・´)

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/03/20(木) 00:18:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

部屋がすごく臭くなるの巻

ああ、一ヶ月以上間を開けてしまった・・・すんません。


で、今日はあいにく雨となったけど、ここ数日だいぶ暖かくなったので窓を開けて過ごしております。
そうすると、猫たちが部屋に入ってくるようになりました。

彼(彼女)らは生まれたときから野良猫だからなのか、すごく警戒心があって、以前は部屋の中に入ってきた猫を追う→結果的に退路を塞ぐ形になる→閉じこめられると思った猫大暴れ→フィギュア大崩壊(´・ω・`)という惨事になってしまったわけだけど、一匹だけ非常に自分によく懐いてる野良猫がいるの。

背中を怪我して(膿んで)て、見てくれもあまりよくなく、ちょっと老いてる感じなんだけど、人間にすごくよく馴れてる黒猫。
人間への馴れ具合からいって以前は多分飼い猫だったのではないかと思われる黒猫。
何度か傷口に薬を塗ったり、餌をあげたりして数ヶ月、やっと傷も癒えて(毛根が死んじゃったみたいで毛は生えてこないけど・・・)、すっかり自分に懐いた黒猫。

ニッパチと名を付けたその黒猫は、ちょっと目を離すと台所まで自分を追うように入ってきたり、部屋の中を探索したり好奇心旺盛。しかも他の猫たちと違って「閉じこめられる」「捕まえられる」という警戒心がまるでないご様子。

今日も今日とて朝から部屋の中に入ってきて、ベッドに登るは足元に絡みつくは絨毯の上でくつろぐは、やりたい放題。
そんなこんなで、ニッパチがやっと帰ってくれたあと、薬を飲んで寝ようとベッドに入ったら、おそろしく猫臭い。

とても寝れるようなものじゃない、ほどに。

で、もしや・・・と思ってたら予感は的中。

先ほど午後の食事にありつくために部屋に入ってきたニッパチは、柱に頬擦りしたあと、ピュピュッと小便を出していました(´・ω・`)


すごく・・・臭いです・・・。


ファブリーズとか全然効きません・・・。
布団も干したいけど、雨が降ってるので干せません(´・ω・`)
とにかく小便を拭き取り、消臭剤をかけ、お香をたきまくってどうにか誤魔化してる状態です。
ニッパチにはちゃんと庭で小便するように躾けていたつもりだったんだけどなぁ・・・。
新たに家の中も自分のテリトリーにしようとしてるのかな・・・。

とにかく自分の部屋、今もってめっちゃ臭いです・・・。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

  1. 2008/03/14(金) 18:29:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0