FC2ブログ

少女交錯日誌=AAGblog

あまりまとまっていないけど、日々の想いを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地震

地震が起きた時はたまたま悪路な歩道上で自転車に乗っていて体が揺さぶられていたので、まったく揺れに気がつかなかった。
前方にやけに揺れている電線が目に入って、てっきり突風が向かってきているのかと思ったら、建物から飛び出してくる人の話で初めて地震だと分かった。

結局、最初の地震ではそのまま揺れを全く感じなかったし、周りでも建物の崩落や街路上で看板とかが転倒してるみたいな様子はほぼ皆無だったけど、路上に飛び出してきたり、そのまま座り込んだりしている人の多さ、止まった電車に降りたままの踏切等々、日常とかけ離れた光景は、東京でもよくある震度2~3程度の地震ものじゃないと感じさせて、不安を募らせる。

帰宅すると部屋では本や小物がいくつか落ちていて、壊れたり傷ついたりしたものもあっていつもなら嫌な気になるところだけど、報道で知った地震の規模の前では、自分の身に起きたことなんて吹き飛ぶほどの小事。
そして非日常な光景にただただ恐怖。

地震は怖い。本当に怖いよ。
台風みたいに。明日上陸の模様、とか分からないから。

しっかし東京は震源からも比較的遠くて、電気ガス水道も大きな被害が無かったにもかかわらず、これだけの混乱。
もしもっと近いところで、あるいは直下で起きて、交通機関だけでなく電気ガス水道も止まったら…これだけ日本のあらゆる機能が集中している東京が大地震に見舞われたら…

僕たちは災いから学ばないといけない。
  1. 2011/03/11(金) 23:58:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。